1. お金借りるTop
  2. カードローン審査
  3. ≫カードローン審査甘いとかあるの?審査を通しやすくする方法とは?

カードローン審査甘いとかあるの?審査を通しやすくする方法とは?

カードローン審査甘い
カードローンの審査時間は最短30分と短くなっていますが、適当に審査しているわけでもなく、決して甘いというわけではありません。

アコムやプロミスといった大手消費者金融は長年に渡り貸金業を営んでおり、審査に関するノウハウがあるため早くできるのです。

街中で無審査でお金を貸すといったような張り紙を見かけることがありますが、闇金の類である可能性が高く、正規の貸金業者で無審査ということは絶対にありません。

審査基準はカードローンによって違うため、一概にどのカードローン審査が甘いということは言えませんが、1社の審査に落ちたからといって諦める必要はありません。

カードローン審査を通しやすくする方法はある?

カードローン審査通しやすくする方法
カードローン審査で必ず通る方法はありませんが、通りやすくする方法ならあります。

通りやすく方法を紹介するにあたり、知っておくべきことが信用情報になるため、簡単に説明します。

消費者金融等は指定信用情報機関に加盟しなくてはならず、審査時に信用情報機関へ照会をかけ確認しなければいけません。

信用情報では個人情報、契約内容、返済状況、異動情報を調べることができ、審査落ち原因の多くは信用情報となっています。

信用情報で分かること
  • 個人情報
    氏名・生年月日・住所・連絡先・会社名・会社電話番号・運転免許証番号
  • 契約内容
    契約日付・契約の種類・限度額・貸付残高・最終出金日・残元金
  • 返済状況
    入金日・入金予定日・完済日・譲渡日・直近返済状況等
  • 異動情報
    延滞・延滞解消・債務整理・個人再生・特定調停・自己破産等

収入証明書を用意した方が審査に通りやすいのか?

カードローンは一定額以下であれば収入証明書不要で借りることができ、収入は申告のみとなります。カードローンの審査では安定した収入が必要となります。

収入証明書があれば、安定した収入があることを証明できるため、審査では有利に働きます。

一定額以下の金額であっても、収入証明書が必要となったり、必須となっているカードローンもあるため、審査をスムーズに進めるためにも収入証明書を用意しておくといいかもしれません。

ちなみに、収入証明書として認められている書類は下記のものです。

収入(年収)証明書の一覧
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 市県民税納税通知書
  • 給料明細書
  • 個人事業主は確定申告書

多くの人が年収を証明する収入証明書としているのは、源泉徴収票だと思います。会社員の人なら、年末に会社から必ず貰えます。しかし、その源泉徴収票を結婚している人は、奥さんが保管していることがよくあります。

そうすると、自分の手元に源泉が無いのですが、他にも収入証明になるものはあります。

所得証明書は住民票が置いてある役所ですぐに発行してくれますし、役所に行けない人は、給料明細書でも大丈夫です。しかし、給料明細書の場合、直近2ヶ月分が必要になることが多いので、1ヶ月分しか持っていない人は、カードローン会社に予め確認しておきましょう。

審査に収入証明書が必要となる金額
  • 貸金業者
    貸金業者1社から50万円または貸金業者からの総額100万円を超える時
  • ※貸金業者とは消費者金融、事業者金融、クレジット会社、リース会社等

  • 銀行カードローン
    原則法律では決められていませんが、50万円を超える時

他社返済は終わらせておいた方が審査に通りやすいのか?

信用情報で返済状況が分かりますので、申込時点で他社借入を返済していない(延滞中の人)は審査に絶対的に通らないため、必ず返済は終わらせておくようにしましょう。

また他社返済日当日の申込や、返済日の数日前に申込をするのも、返済資金目的の借入と判断され、審査に不利となる場合があるので、近い返済日があるカードローンは支払いをしておいた方が良いでしょう。

なぜなら、カードローンの返済日は給料日の後にしている人が多いと思いますが、審査する側から見れば給料が出たのに、他社支払いをせず申込があると不審に思ってしまいます。

借入金額・借入件数は正確かつ正直に申告した方が審査に通りやすい?

申込をする時に、他社の借入金額や借入件数を申告する必要があります。少しでも審査に通りやすくしようと考えるのでしょうが、実際よりも少なく申告したり、適当に答えてしまう人がいます。(本当は3社から120万円借りているのに、借入申告欄に0社0万円と入力する人など)

カードローン審査では信用情報を照会することによって、借入金額や借入件数を正確に把握することができます。では、調べれば分かることを、なぜ申込者に申告させるのかという疑問が出てくるでしょう。

理由としては、自分の借入状況を把握しているか、正直に借入を申告する人間かを、審査するためではないかと考えます。どちらも返済能力とは関係ありませんが、いい加減な人や嘘をつくような人にお金を貸したいとは思いません。

またカードローンによっては、借入件数が何件以上あると審査に通らないと言われています。

消費者金融からは年収(税込)の1/3までしか借りることはできず、銀行でも貸付の上限を年収の1/2または1/3までにしているカードローンが多くなっているため、借入金額は少ない方が審査には通りやすいです。

例えば、5社で100万円の借入があるよりも、2社で100万円の借入があった方が、他社での信用が高いと判断されて、審査には有利に動くのです。

そのため少額のカードローンがあれば、それを完済(解約)して借入件数・金額を減らしてから申込をするのも審査を通りやすくする方法です。

ちなみに完済した情報が、当日に信用情報に登録されない場合があるので、完済した翌日以降に借入申込する方が良いです。

またクレジットカードのキャッシング枠は借入件数や金額に含まれます。キャッシング枠を利用していなくても、機能がついていると1件とカウントされることがあります(利用していなければ、ほぼ大丈夫ですが)。

貸金業法では総量規制の計算を、自社の極度額(限度額)、他社分は残高(信用情報の残元金)で計算します。ただし、限度額50万円で借入は0円(カードだけ持っている状態)だとしても、いつでも借りれる状況にあるということで借入算入される可能性があります。使っていないカードがあれば、キャッシング枠は解約しておく方が無難です。

申込金額は最小限にした方が審査に有利なのか?

申込金額は必要最低限にしておきましょう。年収の3分の1までなら借りれるといって、借入希望額を年収3分の1ギリギリで申込すると、審査に通らないことがあります。

初めてのカードローンでは、借りれる金額(限度額)が50万円までとなっている場合が多いです。収入などの属性が良ければ、それ以上借りれることはありますが、新規での申込金額は50万円以下にしておいた方が良いでしょう。

カードローンで必要以上の金額を借りてしまうと、借りた分だけ全部使ってしまう人がいます。カードローンは返済してもなかなか減っていくものではありません。そういった点でも必要以上の申込は避けましょう。

希望額以上に審査結果が出たらどうすればいい?

カードローンでよくあるパターンですが、最初借入希望額10万円で申込したところ、審査結果は50万円と出て、審査担当者から、今後必要になった時のために枠(極度額)だけは50万円にして、出金(借入)を10万円にしてはどうですか?と言われることが多々あります。

確かにごもっともな意見なのですが、買物欲求が高い人や、ギャンブルが大好きな人、お酒や夜のお店が好きな人などは、極力やめておいた方が良いかもしれません。せめて50万円ではなく、30万円とかにしておきましょう。

なぜなら、最初は10万円借りたのがきっかけで、気づくとすぐに50万円まで借りてしまう人が意外に多いのです。そして返済が厳しくなり、2社目に申込をして多重債務者になっていきます。

最初に50万円の審査結果が出たのなら、1ヵ月後に増額依頼をしても、50万円までは審査に通る可能性が高いです。最初の限度額は使う分だけの設定金額にしておくことをおすすめします。

複数にまとめて申込しない方が審査に通りやすいの?

借りれるならどこでもいいと考えて複数のカードローンへまとめて申込することは審査ではマイナスになると言われています。

借入件数や金額は信用情報を照会するとわかりますが、申込状況についてもわかります。つまり現在何件に申込をしているのかをカードローン側は把握しています。

1日に3~4件以上申込すると不利になると言われているため、審査が不安であれば複数の申込は控えた方がよさそうです。

審査に通りたいなら電話は丁寧に対応すること!

カードローンの申し込みをすると基本的に電話があり、業者と話す機会があります。その時の対応が審査に影響することがあります。

丁寧に対応すると書きましたが、かしこまる必要はありません。横柄な受け答えにならないように心がけましょう。

横柄な対応をすると審査する側は取引後の対応(特に延滞時)を危惧してしまうため、貸すこと躊躇してしまうものです。

消費者金融マン時代の経験①

実際私が消費者金融マン時代に新規受付を行っていた時、決済者から申込者(特に男性)の電話対応について確認されることが何度かありました。

横柄であったことを伝えると審査落ちとなっていることがありましたので、電話対応は気を付けた方がいいでしょう。

銀行カードローンと消費者金融はどちらが審査に通りやすい?

銀行と消費者金融審査通りやすいのは?
カードローン審査の厳しさは金利によって変わってきます。金利は「3.0%~18.0%」のように表示されています。

審査基準は上限金利(18.0%)をチェックすることが大事となり、上限金利の高い方が審査に通りやすくなります。

普通のことですが、金利が低いと利息収入は少なくなります。その中で貸し倒れの顧客がたくさん出れば収益が上がらないため、できるだけ良顧客に貸そうと審査は厳しくなります。

一方金利が高ければ利息収入が多くなるため、金利が低いカードローンが貸さないであろう顧客に対しても貸付することができます。

では下限金利ではなく上限金利をチェックする理由は、初めて借りる時は上限金利が適用され、それ以下で借りれることがほとんどないためです。

銀行カードローンと消費者金融を比較すると、低金利となっているのは銀行カードローンであるため、消費者金融の方が審査に通りやすいということになります。

消費者金融審査の通過率はどのぐらい?

プロミスの審査通過率

プロミス

2018年1月 2018年2月 2018年3月 2018年4月 2018年5月
新規申込件数 39,598人 42,198人 48,897人 44,715人 41,413人
新客数 17,675人 19,363人 22,317人 20,754人 19,195人
新規貸付率 44.6% 45.9% 45.6% 46.4% 47.3%

※SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の月次データ参照

アイフルの審査通過率

アイフル

2018年1月 2018年2月 2018年3月 2018年4月 2018年5月
新規申込件数 35,267人 35,376人 47,399人 40,402人 43,090人
新客数 16,159人 16,249人 22,062人 18,155人 20,779人
新規貸付率 45.8% 45.9% 46.5% 44.9% 48.2%

※アイフルの月次データ参照

上記はプロミスとアイフルの審査通過率データです。どちらも45%~49%の間の審査通過率となっています。審査通過率を公開しているのは消費者金融だけです。銀行カードローンは審査通過率を公開していませんが、銀行には保証会社が付いており、保証会社の審査も通らなければ借りられないことから、全体の審査通過率は20%台と言われています。

消費者金融の半分以下になっていますので、どちらが審査に通りやすいかは一目瞭然と言えます。

極甘審査ファイナンス(激甘審査ファイナンス)のカードローンとは?

極甘審査
ネットで「お金借りる 審査」と検索するとサジェストワードに「極甘(激甘)審査ファイナンス」が出てきます。おそらく極甘(激甘)審査ファイナンスとは審査基準が凄く甘いカードローンということでしょう。

先述したとおり審査基準はカードローンによって違うように、どれくらいを激甘な審査と思うかは申込者次第です。他社返済を長期間払ってなかったり、無職だけど融資をしてくれるのが極甘審査と考える人もいれば、収入が少ないけど思った以上に借りれれば極甘審査と思う人もいるでしょう。

つまりアコムやプロミス、アイフル等の業者を「極甘審査ファイナンス」と考える人もいるでしょう。大手消費者金融や銀行カードローンであれば過去自己破産等をしていれば審査に通るのは難しいですが、中小消費者金融なら通ることがあります。

ただ、現在長期延滞中や無職(年金受給者や専業主婦等は除外)といった状況であれば、中小消費者金融でも審査に通ることはできないでしょう。

そのような理由で極甘審査ファイナンスと検索したのであれば、借入は諦めた方がいいかもしれません。

自己破産者でも借りれるカードローンは?

中小消費者金融であれば、過去に自己破産をしていても審査に通る可能性があります。ただ現在申立中や免責が下りていない状況では審査に通ることは難しいです。

中小消費者金は過去の取引状況よりも、現在の返済能力を重視しています。そのため、現在安定した収入があれば借りるチャンスはあります。

中小消費者金融へは何らかの理由で銀行カードローンや消費者金融の審査に落ちていたり、既に借入があるという状況で申し込みがあります。

そんな状況の中で審査をしなくてはいけない中小消費者金融は、大手と違い独自の審査基準を持っているため、自己破産者でも貸付を行っているのです。

ただ信用情報によって自己破産していることはわかるため、正直に過去に破産経験があることを話しましょう。自己破産の事実を認めなかったりすれば、審査落ちの原因となります。

消費者金融マン時代の経験②

消費者金融マン時代に信用情報を確認すると自己破産の情報があったため、受付時に申込者へその事実を確認するも認めませんでした。

案の定その人は審査に落とされていました。カードローンの申し込みは正直に包み隠さず申告することが重要となります。

審査が甘いカードローンを探す理由は?

Q&A
審査なしにしたい理由は、人によって違ってくるでしょう。

例えば、審査に通るか不安な人や、早くお金を借りたい人、審査で周りにバレるのが心配な人といろいろです。

ここではQ&A方式で、それらの心配や疑問に答えていきます。

収入等のことを考えると審査に通る自信が無い。収入が少なかったら審査に通らない?年収による申込制限はある?

カードローンへ申込できるのは、基本的に安定・継続した収入がある人となっています。年収額により足切りみたいなことを行っているところはほとんどありません。

ただ年収が少ないと利用できる金額が小さくなります。消費者金融は法律で年収(税込)の1/3までしかお金を借りることができません。

銀行カードローンは、銀行によって違いますが、大手を中心に年収の1/3または1/2までと決めているところがあります。

つまり年収が少なければ借りれる金額も小さくなりますが、全く借りれないということはないため、心配はありません。

審査では在籍確認の電話があるため、バレてしまうと困る。在籍確認の電話は無くすことはできないか?

在籍確認の電話では、消費者金融は個人名、銀行カードローンは個人名または銀行名でかけてくれ、カードローンの在籍確認と話すようなことはしないため、バレる可能性は低いでしょう。

どうしても、在籍確認の電話が困るや会社が休みといった時もあるでしょう。そんな時は収入証明書+保険証で代わりにならないかお願いしてみましょう。

銀行カードローンは基本的に電話連絡となりますが、消費者金融は柔軟に対応してくれて、収入証明書でOKとなる可能性があります。

審査があると即日融資を受けられない。消費者金融や銀行カードローンの審査時間はどれくらい?

大手消費者金融を中心に、審査時間は最短30分となっていて、お金を借りるまでは最短1時間になっています。

銀行カードローンは、警察庁のデータベースへ照会が必須となり、反社会勢力への貸付を防止しています。照会結果がわかるのに最低1日は必要となります。

消費者金融は、カードが受取できる自動契約機が充実していたり、15時以降でも銀行振込でお金を借りることができます。

お金を借りるまでの時間が心配な人は、消費者金融がおすすめです。

審査で必要となる収入証明書が用意できない。収入証明書不要で借りることはできるの?

収入証明書不要でも一定額までなら借りることはできます。

消費者金融は1社から50万円または今回の借入で100万円を超える時に収入証明書が必要となります。つまり100万円(50万円×2社)までなら収入証明書は必要ありません。

一方銀行カードローンは以前、100万円~300万円以下であれば、収入証明書不要で借りることはできましたが、現在は50万円超で必要となるところが多くなっています。

昔自己破産をしているため絶対審査に通らない。もうお金を借りることはできないのか?

過去に自己破産をしていても、お金を借りることはできます。

カードローン審査では必ず信用情報のチェックが行われます。その信用情報で自己破産をしている事実がわかります。

自己破産以外にも債務整理や長期延滞(3ヶ月以上)等は異動情報と呼ばれ、一定期間は信用情報で記録されます。

ただ5年~10年経過すれば、異動情報は信用情報より消えるため、将来的な借入を諦める心配はありません。

年収の1/3まで借りてしまっているので通らない。年収の1/3以上は借りる方法ってあるの?

年収の1/3を超える借入が法律的に禁止されているのは、消費者金融等の貸金業者です。

以前であればそれ以上借りるなら銀行カードローンをおすすめしましたが、現在は銀行も年収の1/2~1/3までしか借りることができなくなっています。

年収の1/3以上を借りている状況は多重債務と言ってもいいです。新たな借入をするのではなく、減らしていくことを考えるべきでしょう。

消費者金融は、おまとめローンを利用すれば、年収の1/3以上でも借りることができます。借金を0にしたいと考えている人は、おまとめローンを利用してみましょう。

スポンサーリンク

参考になりましたら、是非シェアをお願いします。