1. お金借りるTop
  2. カードローン審査
  3. ≫カードローンブラックでも借りれる消費者金融はあるのか?

カードローンブラックでも借りれる消費者金融はあるのか?

カードローンでブラックリスト等のような言葉を聞いたことがあると思います。

カードローンにおいてブラックとは良い意味ではなく、悪い意味で使われています。

つまりカードローンブラックと呼ばれる状態の人は、カードローンの審査で不利になり、お金を借りれないということになります。

自己破産や債務整理、返済せず逃亡といった類いをカードローンブラックと呼ぶと思われているでしょう。ただカードローンにはそれ以外でもブラックと呼ばれる状態もあります。

ただ全てのカードローンブラックが審査落ちでお金が借りれないということではありません。ブラックの内容によっては審査に通る消費者金融もあります。

いろいろなカードローンブラック
  • 異動情報があるブラック
  • 申し込みが多いブラック
  • 年収1/3を超えるブラック

カードローンブラックの情報はなぜわかるのか?

カードローンの審査では、申込者の承諾を得て、信用情報を信用情報機関に照会します。

信用情報を照会してカードローンの借入金額や登録情報と申込内容に違いがないかを確認しなければいけません。

借り入れをしないと信用情報機関に登録されないと勘違いしている人も多いですが、申し込みをしただけでも、その事実も登録されています。

また信用情報では自己破産や債務整理、特定調停、民事再生等の情報(異動情報)も登録されています。

つまり信用情報を確認することで、カードローンブラックであるかを把握することができます。

信用情報とは?

カードローンやクレジットカードの借入・返済の履歴だけでなく、申し込みや返済遅れ、異動情報が登録されています。

信用情報は3つの信用情報機関(日本信用情報機構・CIC・全国銀行個人信用情報センター)の最低1つで保存されており、消費者金融等が照会すれば提供されます。

信用情報ではわからない社内ブラック情報とは?

社内ブラック情報とはそのローン会社内でのみ共有されている情報です。

例えば過去の異動情報が、信用情報から消えていても、その情報は社内情報として残っているということです。

また異動情報だけではなく、性格や人間性等に問題があることも社内では共有されていることがあります。

例えば返済遅れで交渉中に逆キレ、「金利を下げてくれ」「弁護士介入させるぞ」等の発言をすぐ言ってくるなど対応に注意が必要な場合です。

人間性や性格の場合は、交渉した社員の主観が入ります。そのため利用者自身は横柄な対応をしているつもりが無くても、社内ブラックとなっていることもあります。

消費者金融マン時代の体験談

消費者金融時代は利用者の性格や人間性を全て把握することはできないため、メッセージに「人間性問題あり」「対応注意」「過払発言あり」等と登録して、管理画面を見れば対応した社員が誰でもわかるようになっていました。

そのような人から増額の申し込みがあると、返済状況や収入に問題がなくても、審査落ちとなっていました。

また交渉した内容は全て端末で記録しており、何か問題があれば交渉とは別にその内容を詳しく記録するようになっていました。

異動情報があればカードローンブラック

先ほども少し出ましたが、異動情報とは信用情報上の自己破産、債務整理、個人再生、特定調停、債権回収、延滞の情報になります。

異動情報は通常の状態ではなく、カードローンの審査においてプラスになるものではありません。ほとんどの人が異動情報のある人にお金を貸したいと思わないのと同じでローン会社も貸そうとはしません。

カードローンブラックの中で異動情報ブラックが一番審査に通りにくくなっています。

異動情報 状況
延滞 3ヶ月以上延滞
※クレジットは61日以上
延滞解消 3ヶ月以上延滞後に返済
債務整理 弁護士・司法書士へ任意整理を依頼し受任
個人再生 個人再生を申立
特定調停 特定調停を申立
自己破産 自己破産を申立
債権回収 貸金業者から訴訟などをされている

異動情報ブラックは絶対審査に通らないのか?

あくまで異動情報があると審査には通りにくいですが、絶対借りれないというわけでもありません。

自己破産や債務整理などをして完済していれば借金はない状況です。返済能力さえあればお金を貸しても問題ありません。

ただ銀行カードローンや大手消費者金融では審査に通ることは難しいため、申し込みするなら中小消費者金融にしましょう。中小消費者金融なら破産者でも借りれたという口コミが多くあります。

破産者等が借りれる理由としては、中小消費者金融が貸付残高を伸ばすためです。中小消費者金融へ申し込みする人は、大手や銀行で既に借りているか、審査落ちした人がほとんどです。

その中でも融資をして残高を伸ばさないといけないため、破産者等にも融資を行っているのです。ただ延滞や債権回収といった異動情報では審査に通るのは難しいです。

自己破産 任意整理・特定調停・個人再生・長期延滞解消(完済している) 任意整理・特定調停・個人再生・長期延滞解消(完済してない) 長期延滞

異動情報ブラックで審査を通りやすくする方法は?

カードローンブラックでも審査に通るためには絶対に嘘はつかず正直にその事実を伝えましょう。

カードローンブラックを隠して申し込みをしても、信用情報を確認すればわかってしまいます。

ローン会社からもその事実の確認をされることもありますが、その時は、なぜ債務整理に至ったのかについて説明しましょう。

審査する人の同情を誘うのが目的ではなく、当時の状況を話し辻褄があえば、正直に話してくれたと信用できる判断できるのです。

カードローンブラックは過去問題はあったが、現在は安定した収入があり返済継続できることをアピールする必要があります。収入証明書等の提示を求められなくても用意しておくといいでしょう。

ただいくら現在は借金0円や少なくなっていても、自己破産や債務整理をしたのは事実です。カードローンブラックじゃない人が借りれる金額を借りれないことも十分考えられます。

申し込みする金額は必要最低限しておきましょう。必要以上の金額を申し込みすることが審査落ちのリスクしかありません。

また異動情報はずっと登録されているわけではなく5年~10年で消えることになっています。自己破産なら免責決定後、債務整理なら完済後5年~10年となります。

信用情報から異動情報が消えれば、大手や銀行カードローンの審査に通ることは可能となります。信用情報から消えても社内情報からは消えないため、申し込み先は注意が必要です。

異動情報があっても審査を通りやすくする方法
  • ブラックになった経緯を正直に話す
  • ブラックであることを隠さず認める
  • 現在は安定した収入があることを証明する
  • 申し込み金額は少額にする
  • 異動情報が消えるのを待つ

申し込みブラックとは?

カードローンの申し込みをしたいんだけど、審査に通るか不安という理由で同時に複数のカードローンへの申し込みは避けましょう。

不安なのはわかりますが、複数のカードローンへ同時に申込むと「申し込みブラック」となり、審査に通りにくくなると言われています。

申し込みブラックとは、短期間に複数のカードローンやクレジットカードに申し込みをしている人のことです。

ダメな申し込み
  • 複数のカードローンへ同時に申し込みをする
  • 審査落ち→別カードローンへ申し込み→審査落ちの繰り返し

審査する側の立場になった時、多くのカードローンに同意に申し込みや何日おきかに申し込み繰り返していると、「この人はすごくお金に困っている?」と思い心配になってしまうものです。

つまり「すごくお金に困っている→本当に返済が出来るのだろうか?」と考えます。

また何社からも借りてしまうと、カードローンの返済を別のカードローンで借りて返済するという状態になる可能性があります。

そのような状態になってしまうと、返済金額がどんどん大きくなってしまい、最終的に返済不能に陥ることになります。

お金の返済が滞る可能性がある人にお金を貸すリスクは犯したくありません。そのような理由もあり申し込みブラックは審査で不利となってしまいます。

申し込みブラックにならない方法は簡単です。短い期間で複数のカードローンに申し込みをしないことです。

〇日以内に〇社以上の申し込みが申し込みブラックといった明確な基準はなく、ローン会社によって違っているため、大手を含めて審査に通る可能性は十分あります。

一般的に1ヶ月に4件~5件以上の申し込みのなると審査には不利になってくると言われていますが、審査落ちの原因が申し込みブラックなのかわからないため絶対とは言えません。

申し込みブラックになったら?

申し込みブラックになってしまった場合、カードローンへ申し込みをしても審査を通る確率は下がります。

ただ、申し込み情報も異動情報と同じく、一定期間で信用情報から消えます。

期間は半年(6ヶ月)となっているため、申し込みブラックかもと思い当たる人は、半年間は申し込みを控えることをおすすめします。

年収3分の1以上借りてたらカードローンブラック?

消費者金融の審査で重要になるのが年収です。総量規制によって消費者金融から借りれる金額の上限は年収(税込)×1/3までとなっています。

つまり現在の借入総額が年収1/3以上ある状態はカードローンブラックと言えます。

総量規制の対象となるのは消費者金融等の貸金業者となるため、銀行カードローンは対象外となっています。借りれる金額に年収の制限がないため、審査に通る可能性はあります。

ただ、銀行カードローンの過剰貸付が問題となり、2017年頃から審査基準が厳しくなっています。実際多くの銀行では、借りれる金額の上限を年収の1/3または1/2までとする自主規制を行っています。

おまとめローンな年収3分の1を超えて借りれる

消費者金融は通常カードローンの借りれる金額は年収1/3以下ですが、おまとめローンを利用すれば年収1/3を超えて借りることができます。

おまとめローンとは、いくつかある借入を1つにまとめて金利や毎月の返済額を下げるものです。

おまとめローンを契約すると追加借入をすることができず、段階的に借入が減っていくため、年収1/3を超えての借入が認められています。

借入総額が年収の1/3を超えていなくてもおまとめローンへ申し込みすることはできます。借入を減らしたいと考えている人はおまとめローンの利用をおすすめします。

おまとめローンのメリット
  • 金利が下がる
  • 毎月の返済額が下がる
  • 返済を月1回にできる

カードローンホワイトはあるのか?

カードローンブラックはよく聞きますが、カードローンホワイトと呼ばれる状態の信用情報もあります。

カードローンホワイトはスーパーホワイトとも言われ、信用情報に何も登録されていない状態で該当なしの状態です。

カードローンホワイトなら絶対審査に通りそうなものですが、審査に不利となってしまうことがあります。

クレジットカードを持っているのは普通の現代で、スーパーホワイトにはクレジットの情報すらないため、「信用情報から異動情報が消えた?」または「何らかの理由で審査に通らない?」「氏名などを偽っての申し込み?」と不審になります。

消費者金融マン時代の体験談

大手消費者金融ならホワイトな情報でも申し込みをしても怪しまれることはありません。ただ消費者金融時代に借入が全くない人の申し込みは注意して審査しました。

それは何でいきなり中小消費者金融の当社に申し込みをしたのか不審になります。来店した場合は「看板を見て来た」と言われますが、近くには大手消費者金融の看板もありました。

ブラックが不安で中小消費者金融への申し込みすると、情報が消えてしまっており、逆に怪しまれることがあるので注意が必要でしょう。

カードローンブラックで借りれる消費者金融は?

ここまでいくつかのカードローンブラックにいて説明しました。実際カードローンブラックでも借りれる消費者金融はあるでしょう。

ただカードローンブラックは決していい状態ではありません。カードローンブラックに該当する状態で新たな借入をするのではなく、別の方法でお金を工面できないか考えましょう。

ブラック 融資可能な消費者金融
異動情報ブラック 中小消費者金融
※長期延滞中は不可
申し込みブラック 大手・中小消費者金融
年収1/3を超えるブラック おまとめローン
スポンサーリンク

参考になりましたら、是非シェアをお願いします。