1. お金借りるTop
  2. 消費者金融
  3. ≫中堅消費者金融ってどうなの?取り立てが怖いってホント?メリットとデメリットを暴露!

中堅消費者金融ってどうなの?取り立てが怖いってホント?メリットとデメリットを暴露!

ほとんどの人は中堅消費者金融からお金を借りることは無いと思います。

まず、お金が必要になったときに申込するのは、銀行カードローンや大手消費者金融になります。

テレビCMで頻繁に目にする、プロミスやアコム、レイクALSA、モビットの消費者金融に加え、最近は少なくなりましたが、三菱UFJ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンのCMもよく目にします。

これら以外にも規模が大きい会社のカードローンはたくさんあり、中堅消費者金融からお金を借りる必要が実際のところはないのです。

また、今は総量規制があるため、年収の3分の1以上の貸付は貸金業法で禁止されています。

銀行カードローンは総量規制対象外なので、3分の1規制は無いのですが、2017年に銀行カードローンの過剰貸し付けが問題になってからは、3分の1または、2分の1の自主規制ルールで融資を行っており、消費者金融よりも審査はかなり厳格化になっています。

そもそも中堅消費者金融で借りるメリットはどこにあるのか?

そもそも論から始まりますが、中堅消費者金融で借りるメリットって何があると思いますか?

大手に比べると提携ATMや借入・返済の利便性、WEB完結などのネット契約、審査スピード、どれをとっても劣っています。

その中で中堅消費者金融のメリットを挙げるとすれば、審査が大手に比べて厳しくない点、ただそれだけです。

しかし先ほども言いましたが、今は総量規制がありますので、年収3分の1以上は貸付が禁止になっています。

多重債務を抱えて中堅消費者金融に申込しても、総量規制オーバーの状態であれば、いくら中堅消費者金融でも借りることができません。

仮に年収400万円の人が、プロミスとアコムで50万円ずつ、レイクALSAで30万円、合計3社から130万円を借りていた場合、総量規制の上限は133万円になりますので、いくら審査が甘いと言われている中堅消費者金融に申込しても借りることはできないのです。

そのため、年収400万円の人が中堅消費者金融で借りるなら、プロミス・アコムで50万円を借りたあとに、最後の30万円の枠で申込しなければなりませんが、大手のカードローンであれば、ラストの30万円枠をきっと融資するでしょう。

返済能力に疑問があったり、今現在借りているプロミスとアコムの返済が遅れているような場合は審査落ちになるかもしれません。

通常であれば大手もう一社は借りられる可能性が高いのですが、何らかの理由で大手に断られる場合があります。

そのような時には中堅消費者金融は強い味方になってくれます。

逆に言えば、中堅消費者金融のメリットは、総量規制の範囲内で大手の審査に通らなかったときに貸してくれるぐらいしかないのです。

中堅消費者金融のデメリットは何がある?これを見たら借りる気がなくなるかも?

中堅消費者金融のメリットは、総量規制の範囲内で大手に審査が通らなかったときに、借りれる可能性があることだけです。

メリットは1つしかありませんがデメリットはめちゃくちゃあります(笑)

分かりやすく下記に中堅消費者金融のデメリットを一覧にしてみました。

中堅消費者金融で借りるデメリット
  • 接客対応が大手より悪い
  • 自社ATM以外に提携ATMがほぼ無い
  • WEB完結に対応していない
  • 自動契約機もほぼ無い
  • 土日祝日は営業していない
  • アプリローンなどもちろん無い
  • 提携ATMが無く、土日営業していないので、休日に借入・返済ができない(自社ATMは可能)
  • 審査時間が長い
  • 融資の銀行締め切り時間が14時頃なので、それ以降は翌日扱いの振込になる
デメリットは正直書きだせばキリがありません。それほど中堅消費者金融と大手消費者金融やカードローンとは差があるのです。

なぜここまで大手と中堅では差ができてしまったのか?

それは貸金業界(消費者金融業界)の融資残高の9割超は大手消費者金融しかないからです。

分かりやすく言えば、貸金業登録している全ての消費者金融で借りている人の9割超は大手消費者金融しか借りていないのです。

そのため、顧客サービスや契約のネット化、カードレス対応での自宅郵便物無しなど、借りる人が多い大手はどんどん進化していますが、中堅消費者金融はそもそも利用者がいないので、進化に追いついていないのが現状なのです。

今の中堅消費者金融は顧客に合わせたサービス展開をしたとしても、利用者を増やすのは困難なことから、そこに設備投資をするよりも、今後どのように生き残っていくのかを模索しているのです。

上記の理由から大手と中堅消費者金融では目指すところが違うこともあり、ここまでサービスの差ができているのです。

中堅消費者金融最大のデメリットはWEB完結非対応と提携ATMが無いこと

中堅消費者金融の一番のデメリットは、大手では普通になっている、WEB完結が非対応になっている点と、提携ATMが無いことになります。

WEB完結ってなに?どんな契約なの?

WEB完結とは、インターネット上で契約手続きを全て完了できるサービスです。

貸金業法では契約締結したときに、契約内容が書かれた書面(契約書の控え)を相手方に交付することが義務付けられています。そのため来店での契約以外では自宅へ契約書の控えを郵送しなければなりませんでした。

しかし貸金業法改正にともない、契約書の控えは書面だけではなく、電磁気的方法での交付も認められました。これによって、大手消費者金融はインターネット上で書面を交付する(契約内容を確認でき、ダウンロードできる)方法を開発しました。

それがWEB完結です。WEB完結で契約することによって、自宅への書類発送はなくなり、契約手続きも短縮されました。

WEB完結はインターネットで契約内容を確認できるため、自宅への書類郵送がなくなります。

今の大手はWEB完結に加えて、カードレス対応(カード発行不要)になっているため、返済方法を口座振替(口座引落)にすれば、自宅への郵送物は一切なしで借りることができます。


しかし、中堅消費者金融はWEB完結で契約できるところは、ほとんどありません。

また、カードレス対応もなく、口座振替での返済方法もとっていません。そのため、必ず自宅にはカードと契約書控えが届くことになり、親や配偶者と同居している人にとっては、郵便物で借り入れがバレる可能性があるため、大きなデメリットになっています。

提携ATMが無いため借入・返済が不便すぎる!

WEB完結とともに、大きなデメリットになってるのが、中堅消費者金融では提携ATMが無いことです。

大手では、コンビニのセブン銀行・ローソン・Enet(ファミリーマート等)との提携は当たり前であり、コンビニに加えて、三菱UFJ銀行やみずほ銀行の都市銀行、ゆうちょ銀行なども提携しているため、例えばプロミスなら、プロミスのカードを提携している銀行のATMに入れることで、その場で借入や返済ができます。

特にコンビニATMの利用頻度は高く、多くの人がコンビニの提携ATMで借入や返済をしています。

しかし、中堅消費者金融は自社ATM以外、提携ATMを持っていないため、借入と返済が不便すぎるのです。

もし、夜になって1~2万程度借りたい場合、大手であればコンビニや近くの銀行へ行けばATMから借りれますし、会員サービスにログインして追加借入の手続きをすれば24時間最短10秒程度で自分の口座に振り込みがされますが、中堅消費者金融は借りることができません。

夜は営業時間が終わっているため、電話も繋がらず、仮に繋がって融資を申込しても、振り込まれるのは銀行営業時間の翌営業日になるのです。

緊急でお金が必要になったとき、中堅消費者金融は全く力にならないのです。

これは返済も同様です。大手では返済方法は提携ATMやインターネット返済などいくつもありますが、中堅消費者金融は来店での返済か銀行振込での返済しかありません。

銀行振込の場合はもちろん振込手数料は顧客負担になります。大手のように自動契約機が多くあれば問題ありませんが、中堅消費者金融は店舗も少なく、自動契約機も全国にはありません。

そのため、入金期日当日に返済しようと思えば、14時までに自分で銀行振込をしなければならず、仮に15時過ぎで翌日扱いになった場合、1日延滞となってしまうのです。

今は信用情報にも直近の入金状況が登録されているので、1日でも延滞の情報が残ってしまいます。大手と中堅では借入・返済ともに天と地との利便性の差があるのです。

中堅消費者金融の取り立てが怖いってホント!?

中堅消費者金融は取り立てが怖いと言われていますが、これは本当です。

怖いというのは少し語弊があるかもしれませんが、大手に比べれば怖いという意味です。

まず、中堅消費者金融は延滞にかなり厳しいです。延滞から数日の督促のことを、初期管理と言いますが、中堅消費者金融の客層は大手に比べれば非常にハイリスク層が多いため、早めの初期管理を徹底しています。

多重債務者になってくると、限られた返済原資しかありませんので、いかに自社優先で返済するように交渉するかが鍵になってきます。

決して中堅消費者金融が威迫や暴言などをしている訳ではありません。貸金業法を遵守して経営しているのは間違いないのですが、大手に比べれると電話での督促は怖い印象があるかもしれません。

中堅消費者金融は自宅に取り立てに来るの!?

中堅消費者金融は大手と違い、営業所から近ければ自宅に取り立てに来ます。

取り立てのことを、消費者金融では訪問や集金と言っていますが、大手は自宅に来ることは滅多にありませんが、中堅消費者金融は普通に来ると思っておいた方が良いでしょう。

どこでもは来ませんが、可能性が高いのは営業所から近い場所に住んでいる人です。

電話は無視すれば気になりませんが、頻繁に自宅へ取り立てに来られると精神的に病んできます。

相手も車でわざわざ来ているため、いくらかでも入金させたいと思ってきますので、取り立てに来て「今、手持ちがないです」と言ってすぐに帰ってはくれません。

なぜ延滞して電話をしないのか、延滞している理由は何なのか、いつに確実に支払いができるのかを、しっかりと話してきます。

その点が怖いと感じられる点なのかもしれません。

中堅消費者金融ってどうなの?まとめ

中堅消費者金融のメリットとデメリットについて詳しく書いてみました。

筆者から言わせれば、中堅消費者金融で借りるメリットは、ほぼありません。借りるのは大手だけで良く、中堅から借りても良いことは何もないでしょう。

総量規制ができる前は、大手から借りられない人は中堅消費者金融で借りられましたが、今は総量規制がるため、借りることも難しくなっています。

厳しい言い方をすれば、中堅消費者金融の需要があるときは、低与信で属性も悪い人が、総量規制の範囲内にもかかわらず、大手の審査に通らない時だけでしょう。

または、過去に自己破産や債務整理をした人で、今現在は借入が無い人は中堅消費者金融で借りられる可能性があります。そのような人以外は、まったくおすすめできません。

参考になりましたら、是非シェアをお願いします。