1. お金借りるTop
  2. 消費者金融
  3. ≫お金借りる審査に通りやすいのは?消費者金融審査を通すポイントとは?

お金借りる審査に通りやすいのは?消費者金融審査を通すポイントとは?


お金を借りるときの審査(消費者金融や銀行カードローンの審査)を通すポイントについて、考えたことがありますか?お金借りる時の審査は属性(年収や勤続年数、居住年数)などを点数化して自動的に審査結果を出すスコアリングシステムが採用されていますが、実は審査を通すポイントは属性審査だけでは無く、信用情報による審査が大部分を占めているんです。

信用情報の審査が全体に占める割合は7割以上とも言われており、逆に言えば、信用情報の審査で通りやすい人が消費者金融や銀行カードローン審査を通すポイントとも言えるのです!

指定信用情報の審査とは?どんな項目を見られてるのか?

改正貸金業法では、融資の審査の場合には、必ず指定信用情報機関の信用情報を照会することを義務付けています。要するに、貸付の審査をする場合には絶対的に信用情報を調べなければいけないのです。(無職や高齢者、住所不定など申込条件外の人は信用情報を照会する前に審査落ちになります。)

では、その信用情報とはどのようなことが記録されているのか?信用情報には下記の事項が詳細に登録されているのです。

信用情報に登録されている一部
  • 氏名・生年月日・住所・自宅電話番号
  • 携帯電話番号・勤務先・勤務先電話番号
  • 借入件数・借入残高・前回返済日・次回返済期日
  • 延滞・債務整理・破産・法的手続き等の事故情報
  • 融資申込みした件数・日付
  • 返済の延滞の有無など、直近の返済状況
  • 銀行やクレジットカードショッピングなど、貸金以外の借入情報
指定信用情報機関に登録されている情報は上記の項目ですが、これ以外にも細かい情報が登録されています。この項目によって、審査に通過するか落ちるかが決まっているのです。

まず、見るべきところは、消費者金融であれば、総量規制です。総量規制とは年収3分の1を超える貸付を禁止としていますので、信用情報によって借入残高の総額が年収3分の1を超えていた場合は、その時点で融資は断りになります。

また、事故情報(異動情報)も第一に見るべき項目とも言えます。信用情報の事故情報は5年を超えない期間消えることはありませんので、過去に3ヶ月以上延滞をした人や、債務整理、破産、債権者(消費者金融)側から訴訟手続きをされた情報などがあれば、審査落ちになります。

そして、申込み件数も大きく関係があります。先ほど、融資の際は必ず指定信用情報を照会することが決められていると説明しましたが、この信用情報を照会した件数も半年間記録されているのです。

そのため、申込みを3社以上している場合は信用情報で分かることから、あまりにも多い申込みは不審と見なされ審査に通らなくなる原因とも言えます。(申込ブラックと呼ばれています。)

信用情報の審査以外には属性と在籍が重要となります

信用情報以外の審査であれば、やはり属性の審査も重要と言わざるを得ません。具体的には、極端に居住年数や勤続年数が少ない人は要注意です。

審査で重要視されている属性項目
  • 居住年数
  • 勤続年数
  • 持ち家かどうか
  • 会社の規模
  • 会社での役職と年収
例えば、会社に入社したばかり人で勤続年数が3ヶ月未満の人などは、勤務先に対する安定性が無く、中にはすぐに辞めてしまう人もいます。お金借りる審査では無職はもちろんダメですが、収入が無くなる要因(可能性)がある人は低評価を受けるのです。

勤続年数が短いのはその典型的な例とも言え、勤続10年の人と勤続2か月の人では、どちらが信用があるかと考えれば、もちろん10年の人になります。

そのため、勤続年数も居住年数も最低でも半年はクリアしておきたい項目と言えます。

与信評価の高い属性と低い属性は?

悪い
低い
普通
良い
居住年数 1年未満 1年以上~3年未満 3年以上~5年未満 5年以上
勤続年数 3ヶ月未満 3ヶ月以上1年未満 1年以上~10年未満 10年以上
住居種別 借家 市・県営住宅 アパート・賃貸マンション 戸建て・分譲マンション
会社従業員数 1人自営業 10人未満 10人以上 100人以上
職業 個人事業主・自営業 パート・アルバイト・契約社員・派遣社員 会社員 大会社・上場会社・公務員
年収 100万円以下 240万円以下 500万円以下 600万円以上

消費者金融や銀行カードローンの審査でよくあるのが、年収をごまかしているパターンです。消費者金融や銀行カードローンも、多くの人を審査しています。給料明細や源泉徴収票もかなりの数を見て保管しています。

その為、申込み者の年齢・勤務先・勤続年数、役職などを見れば、大体どれぐらいの年収があるのか、過去のデーター等から予想ができるのです。

もし、年収400万円の人が年収800万円と嘘をついて申込みしたとしても、高確率確率で嘘の申告だと思われて収入証明書の提示を求められるでしょう。

貸金業法では50万円以下ならば原則収入証明書不要で借りられるのですが、属性から見ておかしい年収などの場合は、本当かどうか収入証明書を出すように言われてしまいます。

そして、それが提出できなければ年収は嘘の可能性が高いと判断され、審査に通らなくなる可能性が大きいでしょう。このことから、年収を嘘をつくのは大きなデメリットとなりますので、ありのままの年収を申告することが大切なのです。

お金借りる審査を通すポイントまとめ

お金借りる審査のポイントとなるのは、まず、借りているカードローンを延滞していないことが大前提です。延滞の有無は信用情報で分かるので、もし今返済が遅れているのであれば支払をしてから審査申込みすることをおすすめします。

そして、過去に3ヶ月以上延滞したことがある人や、債務整理や自己破産をした人で5年未満の人は、正直、審査に通ることは諦めた方が良いでしょう。信用情報の事故情報というのはかなり強力ですので、一発でアウトになるからです。

その他にもポイントはいくつもありますが、先ほど言ったように信用情報の審査だけで約7割は決まっています。なので信用情報の審査をクリアしている人は、高確率で審査に通ると思われます。

スポンサーリンク

参考になりましたら、是非シェアをお願いします。