1. お金借りるTop
  2. 未分類
  3. ≫お金がない!金欠の時のベストな対処法とは?

お金がない!金欠の時のベストな対処法とは?

早速結論ですが、お金がない!という時のベストな対処法は人によって変わり、それぞれの人にあった対処法があるでしょう。

人それぞれ置かれている状況も違うため、ベストな方法はこれです!と断言することはできません。

いくつかお金を作る方法を紹介するため、自分にあった方法を選択して、お金を作るようにして下さい。

そもそも、お金がない!金欠といった状況になったことが問題であるため、お金を何とかするか考えるのと併せて、金欠にならない対処法を考える必要もありそうです。

金欠の時にお金を作る方法

金欠時の対処方
  • 国の制度を使う
  • 働いて稼ぐ
  • 質屋・リサイクルショップを使う
  • 給料の前借り・前払い
  • お金を使わず我慢
  • 身内から借りる
  • カードローンから借りる

国の制度を利用

本当に生活に困窮しているようであれば、国の制度へ申し込みをしてみましょう。審査はありますが、正直に生活状況を説明すれば通ることができるでしょう。

国には生活福祉資金貸付制度というものがあり、厚生労働省管轄ですが、居住地域の市区町村社会福祉協議会で受付を行っています。問い合わせ先はこちらから

生活福祉資金貸付制度は、収入が少ない、障害者や高齢者がいる世帯等を対象としているので、無利子で借りれます。ただ無利子で借りるには連帯保証人が必要な時もあります。

生活福祉資金貸付制度
  • 総合支援資金

・生活支援費・住宅入居費・一時生活再建費

  • 福祉資金

・福祉費・緊急小口資金

  • 教育支援資金

・教育支援費・就学支度費

  • 不動産担保型生活資金

・不動産担保型生活資金・要保護世帯向け不動産担保型生活資金


生活福祉資金貸付制度は大きく分けると4種類・細かく分けると9種類あります。

貸付によって金額や据置期間、返済期限等違ってきます。据置期間中は返済不要で据置期間経過後の返済開始となります。

総合支援資金

資金の種類 限度額 据置期間 償還(返済)期限 貸付利子 保証人
生活支援費 生活再建までの必要な生活費用 (2人以上)月20万円以内
(単身)月15万円以内
最終貸付日から6ヶ月以内 据置期間経過後10年以内 保証人あり無利子
保証人なし年1.5%
原則必要(保証人なしでも可)
住宅入居費 敷金礼金等の賃貸契約に必要な費用 40万円以内 貸付日から6ヶ月以内
(生活支援費も借りてる場合は生活支援費に準ずる)
据置期間経過後10年以内 保証人あり無利子
保証人なし年1.5%
原則必要(保証人なしでも可)
一時生活再建費 ・生活再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄えない費用
・就職転職のための資格取得の費用
・滞納している公共料金等の建替費用
・債務整理のための費用
60万円以内 貸付日から6ヶ月以内
(生活支援費も借りてる場合は生活支援費に準ずる)
据置期間経過後10年以内 保証人あり無利子
保証人なし年1.5%
原則必要(保証人なしでも可)

福祉資金

資金の種類 限度額 据置期間 償還(返済)期限 貸付利子 保証人
福祉費 ・仕事に必要な資金
・資格取得に必要な資金及びその間の生活費
・住宅の増改築、補修等の費用
・福祉道具等の購入費
・障害者用の車購入費
・災害による臨時に必要な出費
・冠婚葬祭に必要な費用
580万円以内 貸付日から6ヶ月以内 据置期間経過後20年以内 保証人あり無利子
保証人なし年1.5%
原則必要(保証人なしでも可)
緊急小口資金 緊急かつ一時的に生活が困難になった時の少額費用(医療費等の支払、給与等の盗難紛失、火災等の被災) 10万円以内 貸付日から2ヶ月以内 据置期間経過後12ヶ月以内 無利子 不要

教育支援資金

資金の種類 限度額 据置期間 償還(返済)期限 貸付利子 保証人
教育支援費 低所得世帯で高校、大学または高専に修学するための費用 高校:月3.5万円以内
高専・短大:月6万円以内
大学:月6.5万円以内
必要と認められれば1.5倍まで可
卒業後6ヶ月以内 据置期間経過後20年以内 無利子 不要
※連帯借受人が必要
就学支度費 低所得世帯で高校、大学または高専の入学に際し必要な費用 50万円以内 卒業後6ヶ月以内 据置期間経過後20年以内 無利子 不要
※連帯借受人が必要

不動産担保型生活資金

資金の種類 限度額 据置期間 償還(返済)期限 貸付利子 保証人
不動産担保型生活資金 低所得の高齢者世帯に、一定の居住用不動産を担保として借りる生活資金 ・土地の評価額の70%程度
・月30万円以内
貸付期間:借りる人が死亡するまたは貸付元利金が限度額に達するまでの期間
契約終了後3ヶ月以内 据置期間終了時 年3%または長期プライムレートのいずれか低い利率 要※推定相続人の中から選任
要保護世帯向け不動産担保型生活資金 要保護の高齢者世帯に、一定の居住用不動産を担保として借りる生活資金 ・土地及び建物の評価額の70%程度(集合住宅は50%)
・生活扶助額の1.5倍以内
貸付期間:借りる人が死亡するまたは貸付元利金が限度額に達するまでの期間
契約終了後3ヶ月以内 据置期間終了時 年3%または長期プライムレートのいずれか低い利率 不要

働いて稼ぐ

お金が必要となったら、一番に考えて欲しいのが、自分で働いて稼ぐ方法です。これは安全かつ確実な対処法と言えるでしょう。

アフィリエイトやクラウドソーシング等の副業もありますが、金欠!お金がない状況であれば、手っ取り早くお金を稼げる日払いや週払いの短期バイトがおすすめです。仕事内容にもよりますが8,000円~20,000円/日稼ぐことができます。通常のバイトやアフィリエイト、クラウドソーシング等はお金が入るまでに時間がかかってしまいます。

ただ会社によっては副業を禁止していることがあるため、会社規則を確認して問題なければするようにしましょう。

会社にはバレないだろうと思ってやってしまうと、住民税等から会社にバレることになります。住民税は本業で働いている会社が代わりに払う「特別徴収」という仕組みになっています。住民税は副業も含めた収入で計算されるため、本業で働いている収入より高くなります。結果として会社へ副業がバレることになります。

副業禁止って法律で認められている?

副業を禁止している会社は多いです。副業禁止は会社規則で決まっており、罰則を受けることもあります。

ただ憲法や法律などには副業禁止が規定されているわけではありません。会社の規則に法的根拠はありませんが、僅かな収入の副業のために禁止されてることをやるリスクは高いです。

ちなみに公務員の副業禁止は、国家公務員法103条・104条、地方公務員法38条に規定されています。

給料の前払い・前借りをお願いしてみる

給料の前払いや前借りをお願いするとお金を作れます。

給料の前払いと前借りは給料日前にお金が欲しいとお願いすることですが、意味は大きく違います。

  • 前払い:既に働いている分を貰う
  • 前借り:働いていない分等を借りる

労働条件:時給1000円・週2回・1日5時間の人が既に6回(3万円分)働いていて、給料日までに後2回(1万円分)予定とします。この場合3万円は前払いできる金額・1万円は前借りとなる金額です。固定給の人でも時給計算して前払い金額を計算できます。

前借りや前払いをお願いしたところで、会社が対応してくれるのかという疑問が出てくるでしょう。

前借りは会社判断となり断られることはありますが、前払いは労働基準法25条に条件付きで認められており、会社が拒否をすると罰金30万円以下となります。

労働者が、出産、疾病、災害等の非常の場合の費用に充てるために請求する場合は、賃金支払期日前であっても、使用者は、既に行われた労働に対する賃金を支払わなければならない

厚生労働省HP引用

小さな会社であれば、前払い前借りをお願いすれば対応してくれる可能性はありますが、大きな会社では前借り(非常の場合以外)や前払いをお願いしても対応してくれないでしょう。

ただ説明した通り、出産、疫病、災害等で本当にお金が必要となったのであれば、前払いを請求する権利はあるため、請求しましょう。

質屋・リサイクルショップを利用する

質屋とは商品を質に入れてお金を借りることになるため、商品を返してもらうには、利息をつけてお金を返さないといけません。

ただ商品が必要なかったり、お金が作れなければ返済する必要はありません。質屋は預かっている商品を質流します。

質屋はお金を借りることになりますが、カードローンのように審査はありません。商品に価値があればその価値分まで誰でも借りることができます。

また借入期間は3ヶ月となっているのが一般的です。3ヶ月以内に利息を含めたお金を返しますが、利息を払えば借入期間を延長することもできます。

質屋の金利や金利は?

質屋の法定上限金利は年利109.5%と非常に高くなっています。消費者金融は年利18.0%ですから質屋の金利がいかに高いかわかると思います。

ただ質屋の金利表示は年利ではなく月利表示となっています。年利÷12をすれば月利となるため、月利の上限は約9%になります。10万円借りると1ケ月後には利息9,000円(10万円×0.9)を加えて返済しないと商品は帰ってきません。

カードローンが利用日数によって利息計算されます。早く返済すればその分支払いする利息は少なくなります。

一方質屋は月割で計算されます。質屋の利息は借りた翌日の返済でも1ケ月後の返済でも利息は変わりません。

先ほど利息だけを払えば借入期間延長できると説明しました、質屋の金利は高いため、借入金額によっては利息だけでも高額になるため、諦める勇気も必要です。

質屋とリサイクルショップの違いは?

リサイクルショップ等はお金を借りるのではなく、商品を店側に売ってお金を貰うことになります。

これは値が付きそうなものがないと利用できません。部屋の中を探して価値のありそうなものを探しましょう。本人にとっては価値がなくても、ある人にとっては凄い価値がありこともあります。

今はリサイクルショップへ行かなくても、メルカリやヤフオクのようにネット上に出品することもできます。ネット環境があれば誰でも見ることはできるため、意外な値段で売れることもあるでしょう。

質屋とリサイクルショップを利用するメリットは、即鑑定結果が出て、すぐにお金が作れます。金欠!お金がない時は質屋やリサイクルショップはおすすめです。

必要ないもの売る方法
  • ネットオークション
  • スマホアプリ
  • フリーマーケット
  • 知り合いに売る

お金を使わない

あともう少しで給料日なら、お金を使わないようにして、節約しましょう。

外食→自炊にしたり、酒・タバコを吸ってる人は禁酒禁煙、徒歩通勤・自転車通勤で交通費を浮かす等、節約できるお金は使わないようにしましょう。

上記のことを、金欠になる前からやっておけば貯金ができ、また健康にもなれ一石二鳥です。

また光熱費や水道等の公共料金や携帯代も節約することはできるため、節約を心がけましょう。

身内・友人・彼氏・彼女から借りる

お願いできる身内がいれば頼みましょう。ただ人からお金を借りたのであれば、利息を付けて返すようにしましょう。

生活状態を正直に伝え、何にお金を使ったか等を、嘘をつかず正直に相談しましょう。

身内だからお金を貸して貰えるのは当たり前という態度では貸してもらえないこともあるため、絶対辞めましょう。

身内より友人や彼氏、彼女の方が相談しやすい人もいるかもしれません。

数百円数千円という話なら貸してくれるかもしれませんが、数万円となればなかなか貸してくれないでしょう。

借りれたとしても、今後の関係に上下関係ができてしまったり、いいことはないでしょう。また彼氏彼女なら金銭感覚のずれを理由に別れる可能性があります。

どちらにせよ誰かにお金を借りるには、相手が了承してくれないといけません。頼む時は誠心誠意お願いしましょう。

カードローンから借りる

審査に通ればカードローンから借りれます。ただ何で今金欠なのかという理由を考えないといけません。

今回は突発的な入用があり、お金が無くなってしまったのであればいいですが、今後も慢性的に金欠になることが考えられるなら、カードローンの利用は危険かもしれません。

金欠時のカードローン利用の注意点

カードローンから借りれば、毎月の返済額が出費にプラスされるため、返済困難になってしまうかもしれません。

お金を返さなくてもカードローンが困るだけと甘く考えている人は大間違いです。

確かに返済がなければカードローンは困りますが、最低でも元金(借りたお金)以上の入金があれば損をしません。将来的に入ってくるはずであった利息収入がなくなってしまうだけです。

返済をしていない債務者の情報は、信用情報に一定期間登録されて、多くの金融機関で共有され、今後ローンやクレジットカードを利用できなくなります。

カードローンは返済が無ければ督促を行います。電話や書面での督促があっても無視して返済をしなければ、訴訟→給料差押となります。

金欠ならないためには?

突然の大きな出費があった、普段から金欠気味で突然の小さな出費があった等、金欠になった原因はいろいろです。

では金欠にならないため、できることはないかを考える必要があります。

当たり前のことですが、無駄遣いせず収入にあった生活水準にすることが必要となります。

嗜好品(煙草や酒等)、ギャンブルはしない、家賃の低い所へ引っ越しする、携帯代を抑える(ゲーム課金等)、無駄な保険に入っていないか等、確認すれば毎月の出費は抑えることはできます。まず具体的に毎月の出費を洗い出して、節約できるところはないかチェックすることが大事でしょう。また実家近くで親と別居しているのであれば、同居することで家賃代を浮かすことができます。

また無駄遣いしていないのに慢性的に金欠になってしまう人は、収入が多い会社へ転職、時給であれば勤務日数を増やす等して収入を増やさない限り、慢性的な金欠からは抜け出せないでしょう。

無駄な出費を減らせたり、収入が増えれば貯金をして、急な出費にも対応できるようにしましょう。

また仕事を失職してしまった人は、失業手当等の手続きを早めに行い、就職活動をするしかありません。

慢性的に金欠気味の人にはおすすめしませんが、カードローンやクレジットカードを作っておくと、急な出費で金欠となっても、乗り切ることがでます。

お金が必要無い時に作っておけば、必要な時に審査を受けたり、審査結果を心配したりする必要もなく、すぐに現金を借りることができます。

ただカードローンは便利である反面、必要無くても使ってしまうことがあるため、その点には注意しておきましょう。

金欠にならないためにできること

  • 無駄遣いしてないかチェックして貯金へ回す
  • 収入を増やして貯金へ回す
  • カードローンやクレジットカードを作っておく

スポンサーリンク

参考になりましたら、是非シェアをお願いします。